創世記16章 –見ておられる神様、聞いておられる神様

神様はあなたが何をしてるか見ているよ。神様は知っているよ。神様から隠れられないよ。この言葉を聞いたら、ちょっと怖い感じがあります。神様が天国にいて、罪を犯す人を探して、稲妻で殺そうという感じがあります。でも、神様はこの箇所で、そのように自分を表さない。

ハガルは大失敗しました。サラが赤ちゃんができなかったから、家族の名を保つために、アブラハムにハガル与えました。そして、ハガルは妊娠しました。で も、妊娠してから、ハガルはサラを見下げました。「あなたは30ー40年たっても、全然妊娠できなかった。でも私は一年で、妊娠できました。」といったか もしれない。多分そのような言葉で、サラを馬鹿にしました。

だからサラはハガルをいじめた。「いじめ」と言うと、どういう意味でしょうか。暴力を使ったかもしれない。それとも、ひどい言葉を言ったかもしれない。とにかく、すぐに、ハガル は耐えられなくて、逃げました。サラは悪かった。でも、ハガルも悪かった。自分の態度と行動によって、その状態が起こりました。

でも、神様はハガルに直面した時、責めなかった。彼女の態度と行動のために罰をしなかった。「あなたの態度と行動で、当たり前」と言わなかった。むしろ、神様はハガルのために懸念を示した。「どこからきたか?どこに行くの?」と言いました。

ハガルがサラから逃げていると言ったら、神様は一部始終を伝えなさいと言わなかった。ハガルを打って、告白させなかった。むしろ、神様が言ったのは 「サラのもとに帰りなさい。サラのもとで、身を低くしなさい。あなたが悪かった。だから、謝りなさい。そうすれば、全ては大丈夫になります。」

それに、神様がハガルに言った。「見よ。あなたはみごもっている。男の子を産むもうとしている。その子をイシュマエルと名づけなさい。主があなたの苦しみを聞き入れられたから。」 (16:9-11)

つまり、神様が言ったのは「あなたの苦しみをよく知っている。自分の行動で、その苦しみが来ました。けれども、あなたの息子を見ると、いつも思い出しなさい。私はあなたを聞く神です。(イシュマエルの名前は「神様は聞いている。」と言う意味です。)

ハガルの返事は?

そこで、彼女は自分に語りかけられた主の名を「あなたはエルロイ。」と読んだ。それは「ご覧になる方のうしろを私が見て、なおもここにいるとは。」と彼女が言ったからである。(16:13)

ハガルにとっては、神様が見ていること、また神様が聞いていることが心配事じゃなかった。恐れの事じゃなかった。彼女が学んだのは、もし、この見て聞いている神様に従ったら、哀れみを見つける。

あなたは失敗したかもしれない。悪い選択をして、あなたの人生はめちゃくちゃになってしまったかもしれない。神様があなたを見ている事を忘れないでください。神様があなたを聞いている事を忘れないでください。ハガルに哀れみを与えるように、あなたにも与えます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中