創世記12:1-3 – 祝福を受けるため。祝福を与えるため。

なんだか、この箇所を読み続けているね。いつ終わるかなあ。今度かなあ。

とにかく、私にとって面白いのは、神様はバベルの人々から取られた物をアブラハムに与えたということです。つまり、大いなる国と大いなる名を与えた。やっぱり、そのようなものは本質的に悪いわけじゃないです。でも、もっと面白いのは、神様が言ったのは「あなたの名は祝福となる。。。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される」ということです。

神様はアブラハムを祝福したかったんですけれども、アブラハムが周りの人々を祝福するように望んでいました。結局、アブラハムの子孫イエス様によって、この世界を祝福しました。しかし、アブラハムが生きている間に、神様が望んでいたのは、アブラハムが他の人々を祝福するということです。

多くのクリスチャンは「神様、私を祝福してください」と祈ります。でも、どれぐらい 「神様、私によって他の人々を祝福してください」と祈るでしょうか。

「私の妻にとって、私は祝福になるように。私の子供にとっても。教会の人たちにとっても。仕事の人たちにとっても。近所の人たちにとっても。私は祝福になりたい。」

どれぐらいそのような祈りを言いますか。

面白いのは、私たちが他の人にとって祝福になると、私たち自身も祝福されるということです。箴言11:25にこう書いてあります。

おおらかな人は肥え、人を潤す者は自分も潤される。

英語の翻訳はこう書いてあります。

人をリフレッシュする者は自分がリフレッシュされる。

神様、時々自己中心になるのは簡単です。そして、いつも自分の願いだけのために祈ります。でも、私を変えてください。今日私を祝福するために祈らない。むしろ、私が周りの人たちにとって、祝福になるように祈ります。私と会ってから別れると、人々がリフレッシュされて、励まされた感じがあるように祈ります。私は妻にとっても、娘にとっても、教会の人たちにとっても、仕事の人にとっても、近所の人たちにとっても、祝福になるように祈ります。彼らは私の中にあなたが見えるように。私の人生によって、人があなたに惹き付けられるようになるように。私は自分自身に焦点を当てなくて、周りの人に焦点を当てるように。私の心を変えてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中