創世記11:10-32 — なんか変だねえ

英語の諺に「人生の中に、たしかにあるのは、二つの事です。死と税金。」というのがあります。でも、初めから、そうではなかった。初めに税金はなかったし、死もなかったん です。初めにアダムとエバは永遠の人物として、創られました。皆は死が自然な事だと言うけど、いつもそのとおりじゃなかった。

この箇所を読みながら、洪水のあとで、人間の寿命がどれぐらい減ったか面白いと思います。また、同じ時期に生きている人はだれか面白いです。

私が正しく計算したら、ノアの息子セムはヤコブの時代まで生きていました。アブラハムはセムより早く死にました。セムは自分の子孫が死んだことを見て、 どう感じたかなあ。「なんか変だねえ。なんで皆は私より早く死ぬでしょうか。なんで寿命はそんなに短くなったかなあ。なんか変だねえ。」と 思ったかもしれない。

確かに何か変でした。何か遺伝子の問題が出て、皆の寿命は短くなりました。だんだん寿命が減ってしまいました。今は110歳になったら素晴らしいことです。

誰も死について考えたくないです。私はもうすぐ40歳になって、私の人生はすでに半分ぐらい終わったかもしれない。信じられないです。高校の同級生の二人はすでに亡くなった。親しい友達じゃなかったけど、その人と話したことがあったし、同じ授業を受けました。一人が心臓発作で、亡くなって、私はびっくりしました。

ある人は、自分を慰めるために、「それが人生だ。自然なことです。」と言います。でもそうだったら、どうして私たちはそんなに苦しんでるでしょうか。

ソロモンはこう書いていました。

神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。伝道者の書3:11

それは本当です。 ある人が「死が自然だ」と何回言っても、皆は死の後で、何かがある事を望みます。死が終わりということを信じたくないです。事実は、死が終わりじゃないです。

ある人は、「私たちの人生は車を運転するようなものです」と言っていました。「結局車は古くなって、故障します。でも車が故障しても、私たちが死ぬわけじゃないです。新しい現実を経験するだけです。つまり、もう運転しなくて、歩かなくてはならないです。」

そのように、私たちの体は車のようです。いつか、私たちの体は古くなって、故障する。でも体が故障しても、私たちが死ぬわけじゃないです。新しい現実を経験するだけです。つまり、この世界にもう住まなくて、新しい世界に住み始めます。

ある曲では「もし、イエス様を知っているなら、私はいつまでも生きます。もし、イエス様を知っているなら、私は決して死なない」と歌っています。

でも事実は、私たち皆は、決して死なない。私たち皆が永遠の人物として創られたからです。自分に質問しなくてはならないのは、私たちが永遠に生きるかどうかということではなくて、私たちがどこに行くかということです。今日あなたが亡くなったら、どこに行くか知っていますか。

聖書はこの答えを与えます。

そのあかしとは、神が私たちに永遠の命を与えられたということ、そしてこの命が御子のうちにあるということです。御子を持つ者は命を持っており、神の御子を持たない者は命を持っていません。第一ヨハネ5:11-12

もちろん、私たちは自分自身に関して考えなくてはならないですが、私たちが愛している人たちに関して、考えなくてはならないです。私たちが愛している人たちは死ぬときに、どこに行きますか。そしてその人たちのために、私たちは何をしていますか。

聖書にこう書いてあります。

しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べつたえる人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。遣わされなくては、どうして宣べつたえることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんと立派でしょう。」ローマ人への手紙10:14-15

いつか、皆は亡くなります。あなたが愛している人はもう準備できていますか。あなたはどうですか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中