創世記9章20-21–聖徒だけど、罪人です

私は大学生のときに、宗教の授業を受けました。ユダヤ教を勉強したら、ノアの話を学びました。教授はその話の最後と他の文化の洪水の話しを比べました。

「他の文化の話で、その主な登場人物は洪水の後で、ある島に行って、天国のようなところにずっと住んでいました。」と言われた。

そして、教授はこういいました。

「でも聖書には、全然違います。洪水の後で、ノアは酔ってしまって、死んだ。」と言われた。

授業の皆は大笑いしました。生徒が質問したあとで、教授はちょっと言いなおしました。「まあ、酔ったすぐあとに死ななかったけどね。」と言いました。

もちろん、私の教授はクリスチャンじゃなかったんですけど、大切な点を指摘しました。聖書を読んだら、とっても敬虔の登場人物でも、疑いと弱さと罪が見えます。ノアもそのとおりです。神様はノアが全き人だと呼ばれました。それでも、この話の中で、ノアが酔って、裸に寝ていました。

私はこれを読んで、ちょっと励まされた。私の中にたくさんの疑いと弱さと罪があるから、もし聖書に全ての登場人物が完璧だったら、私はがっかりしてしまいます。

しかし、神様はこの人の弱さと罪を隠さなくても、ずっと焦点しないです。その事件の後で、神様はノアについて話したら、その失敗の話を出しません。 ノアの義だけに関して話します。

そのように神様は私たちを見ます。詩篇103:8-12はこう書いてあります。

主は、哀れみ深く、情け深い。怒るのに遅く、恵み豊かである。主は、絶えず争ってはおられない。いつまでも、怒ってはおられない。私たちの罪にしたがって私たちを扱う事をせず、私たちの咎にしたがって私たちに報いることもない。天が地上はるかに高いように、御恵みは、主を恐れるものの上に大きい。東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠くかなされる。

他の箇所はこう書いてあります。

もはや、彼らの罪を思い出さないからである。ヘブル8:12

このポストのタイトルは「聖徒だけど、罪人です」と呼んだけど、それは人間の見方です。神様の前に、私たちは「聖徒だけど、罪人」じゃありません。神様の前に私たちは聖徒だけです。 神様はあなたに関して書いたら、あなたの失敗を出すかもしれないけど、それが小さい部分だけです。あなたの話のメインはイエス様があなたを救って贖いました。そして、イエス様の血よって、あなたは神様の前に、聖く、傷のないものになりました。愛されている聖徒になりました。

それは、神がその愛する方によって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです。エペソ1:6

アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 創世記 パーマリンク

創世記9章20-21–聖徒だけど、罪人です への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 創世記12:10ー20;20:1ー18 — 祝福になるため? | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中