創世記 7章 –神様のさばき

七章の最後の部分はかなり悲しい言葉が書いてあります。

こうして地の上を動いていたすべての肉なるものは、鳥も家畜も獣も地に群生するすべてのものも、また全ての人も死に絶えた。命の息を吹き込まれたもので、 かわいた地の上にいたものはみな死んだ。こうして、主は地上のすべての生き物を、人をはじめ、動物、はうもの、空の鳥にいたるまで消し去った。それらは、地 から消し去られた。ただノアと、彼といっしょに箱舟にいたものたちだけが残った。創世記 7章 21-23

多くの人は「どうして神様がそんなひどいことをしたでしょうか。どうしてすべての人もすべての動物も殺してしまいましたか。」と思います。

時々旧約聖書に、神様は人をさばいて、ある人種も殺してしまいました。ある人は「旧約聖書の神様があまり好きじゃないです。本当にひどい神様ですから。新約聖書の神様のほうが好きです。愛の神様ですから。恵み深い神様ですから。」と言われます。

でもそんな考え方は間違っています。旧約聖書にも神様の恵みと愛がよく見えます。また新約聖書にも神様のさばきがよく見えます。特にヨハネの黙示録に神様のさばきが見えます。

どうして神様がさばかなくてはならないでしょうか。多くの人にとっては神様について二つの誤解があると思います。一つ目のは神様が愛の神だけです。だから「どうして愛 の神様がこんなことをしますか」と聞きます。でもその人が分からないのは、神様が聖い方ということです。だから悪に耐えられないのです。また神様は正義の神です。永遠に罪を我慢できないのです。いつか神様は罪を罰しなければなりません。そうしないともう正義の神じゃないです。

もうひとつの誤解は、神様がさばきのことを喜んでいるということです。でもそれも間違っています。エゼキエル書に書いてあるのは

私は悪者の死を喜ぶだろうか。神である主の御告げ。かれがその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。エゼキエル書18:23

また,

彼らにこう言え。「私は誓って言う。神である主の御告げ。私は決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。エゼキエル書33:11

事実は神様の正義があるけど、神様の忍耐もあります。時々、神様の正義について文句言っている人がその忍耐にいらいらさせられる。「もし神様は正義の神 だったらなんでいろいろな悪があるでしょうか。悪い人を全部殺したほうがいいです。」と言われます。でもそんな人は自分自身が悪いことに気づくでしょう か。 聖書に「すべての人は、罪を犯した」と書いてあります。もし神様がすべての悪い人をさばくと誰も生き残りません。

とにかく、神様の忍耐です。この世界の歴史を見ると、神様のさばきの前に神様の忍耐がよく見えます。何回もさばく前に、神様は人が悔い改めるために待ち望 んでいました。神様は皆を注意した後で120年を待ちました。そして大洪水を送りました。カナンの人をさばく前に約400年を待ちました。 (創世記15:16)イスラエル人が罪を犯したら、預言者をたくさん送って注意しました。そして、今、神様が言っているのは

まず第一に、次のことを知っておきなさい。終わりの日に、あざけるものどもがやってきてあざけり、自分たちの欲望に従って生活し、次のように言うでしょ う。「キリストの来臨の約束はどこにあるのか。先祖たちが眠った時からこのかた、何事も創造の初めからのままではないか。」こう言い張る彼らは次のことを 見落としています。すなわち、天は古い昔からあり、地は神の言葉によって水から出て、水によってなったのであって、当時の世界は、その水により、洪水にお おわれて滅びました。しかし、今の天と地は、同じみことばによって、火に焼かれるためにとっておかれ、不敬虔な者どものさばきと滅びとの日まで、保たれているのです。しかし、 愛する人達。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておれるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、一人でも滅びる事を望まず、すべての人が悔い改めに進む事を望んでおられるのです。第二ペテロ3:3-9

もちろん神様は愛の神です。けれども神様は正義の神です。

もちろん神様は正義の神です。けれども神様は忍耐強い神です。すべての人が救われる事を望んでおられます。

もちろん神様は忍耐強い神です。けれでもその忍耐は永遠に続きません。だからイエス様の言葉を覚えてください。

人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。洪水前の日々は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。そして、洪水が来てすべてのものをさらってしまうまで、彼らは分からなかったのです。人の子が来るのも、そのとおりです。その時、畑に二人いると、一人は取られ、一人は残されます。二人の女が臼を引いていると、一人は取られ、一人は残されます。だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつこられるか、知らないからです。マタイ24:37-42

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中