創世記4章–かたい心

アダムとエバが罪を犯した後で、すぐに人々の心はかたくなりました。カインは自分の方法で、神様を礼拝しようとしましたけど、拒絶されました。カインが怒ったときに、神様が言ったのは「なぜあなたは憤っている。なぜ顔を伏せているのか。7 あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである.」

でもカインは自分の心をかたくして、弟を殺してしまいました。神様がカインに面と向かったときに、アダムとエバと異なり、カインは言い訳を言いませんでした。むしろ、「私の咎は、大きすぎて、にないきれません」と言われた。 悔い改めなくて、文句ばかり言いました。

カインの子孫レメクはもっとひどかった。レメクに傷を付けられて、ある人を殺してしまいました。そのとき、レメクは自慢をして、歌を歌いました。 「私の受けた傷のためには、ひとりの人を私のうけた打ち傷為には、ひとりの若者を殺した。カインに七倍の復讎があれば、レメクには七十七倍。」

どうして人の心がそんなにかたくなれますか。答えは6ー7説に書いてあります。私たちはいつも罪と戦っています。そして私たちは罪を収める、あるいは罪は私たちを収める。でも罪に譲れば譲るほど、私たちの心がもっとかたくなります。多くの場合は、初めに誘惑が来たら、神様は私達の良心を通して注意します。もし罪を犯したら自分の悪さが、すぐに分かります。しかし、もし悔い改めないなら、私たちの心はちょっとかたくなります。そして今度の注意はもっ と無視しやすくなって、その悪い感じはそんなに重くならなくなります。もし、もう一回無視したら、私たちの心はもっとかたくなります。すぐに神様の声が聞こえ なくなって、自分の悪さが分からなくなります。

どのようにこんな状態を避けるでしょうか。柔らかい心を守るべきです。良心は心に注意したら、無視しなくて、聞いて、従うべきです。もし罪を犯したら、すぐに悔い改めるべきです。神様に開いた心を保つべきです。また神様の声に開いた心を保つべきです。

ある歌は言うように

あなたの心はかたくならないように。
あなたの愛は冷たくならないように。
常に子供のような心があるように。
心は古くならないように。
あなたの心はかたくならないように。
あなたは常に治療を知ってるように。
あなたの心はイエス様の前に砕かれるように保ち
感謝を持って、へりくだって、清い心を保ちべきです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中