創世記 1: 27 — 神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。

私はこの言葉を何回も、何回も読んだことがあるから考えずに読むのはやさしいことです。でも、神様はこの言葉がとっても大切だと思いましたので27節に二回書きました。

「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」

つまり、神様は人間を造られたときに、自分の反映を造られました。私たちは親切なときに、神のイメージを反射します。恵みと哀れみを示すときに、神のイメージを反射します。私たちの中にいいところがあったら、神のイメージを反射します。

だから、他の人を見たら、私たちを作られた神様のイメージとみなすべきです。でも私にとっては、それが時々難しいです。初めにアダムとエバと異なって、私たちが歪められたイメージだからです。罪の傷はそのイメージを損なったからです。

時々、梅田の地下道を歩くときに、とっても臭い匂いを匂います。目をあげたらホムレスの人を見ます。多分、その人は何週間ぐらいお風呂に入っていないと思います。そのときに神様のイメージが見ることが難しいです。

また、私は高校か小学校で教えた時に、時々生徒たちが本当に悪い態度をとって、いろんな問題が出ました。そときにも、神様のイメージを見るのが難しいです。だから、その人たちを見下すのは、やさしいことです。「その人たちが余り価値がない」ということが考えることか簡単です。

でも、神様はその人たちを見て「歪められたイメージでも、私のイメージに創造しました。それでも見下しますか。その人たちはすごい価値があってイエス様が彼らの罪のために死にました。」と言います。

正直に、私も歪められたイメージです。人を裁いて見下すと、私の中にも神様のイメージを損なったことが良く分かります。私自身の人生、また私自身の罪を見て、他の人はどう思うでしょうかねえ。反射している神様のイメージはどんなに歪めれたでしょうかねえ。実は私が知りたくないです。

でも神様は私の事を諦めません。毎日神様は私を新しくしてくださいます。毎日私の中に働いて、神様のように変えてくださいます。第二コリント3:18に書いてあるように「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていきます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです.」

もし神様は私の事を諦めなかったら、どうして私などが他の人を諦めることができるでしょうか。どうして私などが他の人を見下すことができるでしょうか。私が受けた恵みによって、その人たちの中にも、神様のイメージは回復されるかもしれません。だから私は自分自身に聞かなくてはならないのは「罪によって損なった神様のイメージのある人たちに私は神様のイメージを反射するでしょうか。私が受けた哀れみを彼らに与えるでしょうか。」ということです。

私が他の人に見てほしいのは私の中にあなたの反映であること。
私はあなたの心の反映になりたいです。
私の人生はあなたのイメージを反射したいです。
子供はその父を真似するように
あなたの心の反映です。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中