創世記 1:1 - はじめに神

「はじめに神」

その言葉を読んで、読み続けられませんでした。なんでだろう?どうしてその言葉はそんなに印象に残っているでしょうか。

たぶん、言葉が二つしかなくても、本当に深い意味があるからです。 「はじめに神」。はじめは進化論ではなくて、初めに神だと書いてありました。もし初めに進化論だったら、私たちは偶然です。私たちが偶然だったら、結局私たちの人生は全然意味がないです。私たちは動物のように生まれて、いつか亡くなるだけです。

でも、私たちは偶然じゃないです。はじめから神様は、私たちを知って、計画がありました。私たちの人生の意味は神様にあります。

だから、私たちの人生の意味を見つけたいなら、神様から始めなくてはなりません。もし他の所から始めたら、結局、空しさしか見つけられません。スターティングポイントは間違っているからです。

ソロモンという王はその真実が分かるようになりました。ソロモンはイスラエルの一番偉い王でした。一番お金持ちだったし、一番賢かったし、彼の王国に平和がありました。しかし神様を忘れて、自分の幸せを求めました。たくさんの女の人と結婚したし、たくさん働いたし、たくさん勉強しました。でも、結局ソロモンが言ったのは「空の空、すべては空です」ということです。つまり、「すべては空しいです。神様がいないと、何も満足できない。私の人生は全然意味がないです。」

なぜ?神様は命ですから。もし神様から離れたら、命の原意から離れます。そして、あなたの人生は空しくなります。

私の人生について考えたら、自分に聞かなくてはならないのは「神様は私の初めでしょうか」ということです。私の日は神様で始めて、神様で終わるでしょうか。神様は私の人生の全てでしょうか。それとも、ちょっと離れているでしょうか。実は、神様から離れるようになることは簡単です。神様は見えないからです。だから神様を無視することは本当に簡単です。

私はよく仕事したり、スポーツを見たり、インタネットを見たり、ゲームをしたりする。悪いことじゃないけど、もしソロモンが言ったように、私が神様を忘れたら、私の人生は空しくなります。一時的に満足できるかもしれないけど、結局空しくなります。この世界の物は神様のギフトです。でもギフトは一時的なものです。だから永遠に満足させる力がないです。でも、神様は永遠の方です。神様は満足を与える方です。だから一時的なギフトを求めなくて、ギフトを与える方を求めましょう。そうだったら私たちの命の意味が見つけられる。本当の満足が見つけられる。

好きな歌があります。

この人生は「存在して死ぬ」という事よりも、意味があります。

「今日何とか生き残る」という事よりも、意味がある。

目が見える事より意味があります。

この一時的な人生よりも、意味がある。

もしイエス様に向かったら、あなたが分かるのは

あなたの人生の本当の初めはイエス様が死んだクロスにある事です。

イエス様が死んだ理由は、この人生だけより、もっといい事を与えるためです。

イエス様を求めましょう。イエス様によって本当の意味が見つけられるからです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中